ニュース

雑誌・幼稚園の付録が即完売!?その理由や画像と付録一覧!

雑誌「幼稚園」の付録が話題となっています!

この幼稚園の付録は毎月豪華すぎて即完売するほどの人気・・・買いたくても買えない人も続出するという。

幼稚園のお子様を持つ親ならゲットしたい雑誌ですね!

そんな雑誌「幼稚園」の付録について人気がある理由や、今までの付録を画像付きでまとめてみました!

そしてネットの反応も見てみますよ!

 

雑誌・幼稚園の付録人気の理由

雑誌「幼稚園」の付録の人気の理由はそのクオリティの高さ!大人も欲しがるほどの付録とは言えないレベルなのです!!

2019年2月号の付録は「メダルおとしゲーム」

こちらも書店では売り切れが続出するほどの人気です。

 

このメダル落としゲームはおもちゃメーカー「セガ」とのコラボ付録♪

この2月号で「メダル落としゲーム」を選んだ理由は、幼稚園児が「やりたいのに、やらせてもらえないこと」をお家の中でという理由からで発想が素敵ですよね!!

 

この豪華付録は

2018年9月号の付録「かいてんずしつかみゲーム×くら寿司」が始まりで児童雑誌の付録とは思えない完成度や、大手企業とのコラボには大人の目もくぎ付けになっている事が人気の理由ですね!

私が幼稚園の頃の付録と比べると、時代に合わせてすんごい進化です。

雑誌だとお値段的にも、お財布に優しいので気軽に買えるとう点も幼稚園児を持つ親御さんにとっては嬉しいですよね。

 

雑誌・幼稚園の付録の画像と付録一覧!

ここで気になる雑誌「幼稚園」の付録一覧を画像と共にお伝えしますね(^^♪

2018年9月号の付録から快進撃をはじめたという事で・・・

●2018年9月号付録(くら寿司とのコラボ)
《かいてんずしつかみゲーム×くら寿司》

 

●2018年10月号付録(バンダイとのコラボ)
ガシャポン×バンダイ

 

●2018年11月号付録(ピザーラとのコラボ)
ピザづくりパズル》

 

●2018年12月号付録
(テレビ東京系番組『おはスタ』と「ぺぱぷんたす」の共同開発)

《VR(びっくり)おえかき》

 

●2019年1月号付録(meijiコラボ)
《ぐるぐる!おかしすくい》

 

そして先ほど初回しました2019年2月号の付録と、めちゃくちゃ豪華でこれは子供も大人も夢中になりますよね♪

この中でも一番人気は2018年10月号のバンダイとのコラボ《ガシャポン×バンダイ》で発売から1週間で完売しましたそうです(ー_ー)!!

今回の2月号付録「メダルおとしゲーム」も

セガさんの公式ツイッター上の動画が20万回以上再生されていますし、売上も前述の「ガシャポン」に迫る勢いです。2019年1月末までの発売号ですが、そこまで在庫が持たないかもしれません。

引用元:ヤフーニュース

と小学館『幼稚園』編集部の大泉さんがおっしゃっています!

書店で見つけたら即ゲットですね!!

大泉さんは今後の付録についても

今後もしばらく「企業コラボ付録」を続けます。某外食チェーンやおもちゃメーカーなど、誰もが知る有名企業との付録が続々と登場予定です。「幼稚園」という雑誌ですが、大人もこっそり買いたくなる付録を目指します。

とおっしゃっているので、売り切れる前に要チェックですね!

Sponsored Link

 

雑誌・幼稚園の付録ネットの反応

ここで雑誌「幼稚園」の付録についてネットの反応を見てみましょう!

私が子どもの頃も、自動販売機の付録とかあったな…。
付録を組み立てるのが好きで、幼稚園児のくせに付録目当てで小学生のを買ってもらってた。

一時期はキャラクターものばかりだった付録が、「作って」遊べるものになっているのは素敵なことだと思います。

付録をたくさん作ったおかげか、手先の器用さや工作好きが大人になってからも時々役に立っています

 

過去のもぜひまた再販して欲しいですね。名作は世代を超えて欲しい。

 

これは良いですね。組み立てると仕組みが分かって、本を読むという大切なことも本を手にするからなので、きっかけになりますね。付録がいいとテンション上がります(笑)

 

子供の頃組み立てる付録は苦手で作った事がなく捨てていました。子供が作るには難しそうですが親子で作れば楽しそうですね。

紙付録、作って数日は子供も楽しんでくれるのだが、やはり市販のプラのものより遊ぶ期間は短い。いくら補強してても遊べば遊ぶほど紙付録自体が弱ってくるし。

喜んでくれるが、作るのに(親が)苦労するわりには、耐久性がないので段々作る私がめんどくさいのでこういう本は買わなくなったなあ。

大人が自分のために作るのはいいと思うけど、元雑誌が幼稚園なら、きちんと幼稚園児の手に書籍が渡るよう、考えてあげてほしいですね。

 

これを転売目的で買って、本当に欲しい人に行き届かない現象は、どうにかしてほしいです。。

 

と、子供の手先の器用さや頭を使うという事でとても好評な意見もありますし、逆に複雑すぎて、結局親が作ることになる・・という意見もありますが、一緒に作るという楽しみもあるのかなと思います。

ただ、大人が欲しくて買うのもありかもしれませんが幼稚園向けの雑誌なので幼稚園児の手に渡らないことが一番残念ですね。

 

まとめ

今回雑誌「幼稚園」の付録が話題となり、その理由や今まで発売された付録の画像などを

お伝えしましたが、本当にクオリティが高くて子供が夢中になる事間違いなしの付録ですよね。

我が子たちが幼稚園の頃はまだここまで、進化していたなかったのでもし今幼稚園児がいたら絶対に買いたい雑誌の1つですね(^^♪